line_109849158243144 IMG_20200921_140208春や秋は過ごしやすい気候ですから、
カーエアコンよりも、

窓を開けて自然の風を
感じることって多いですよね。

その方がガソリンの節約にもなりますし、
なにより気持ちいいですよね(*^^)


しばらくして、
暑くなったり寒くなったりして、

久しぶりにカーエアコンの
スイッチを入れると、

“く…臭いっ!”(>_<)
ってこと、
よくあるとおもいます。


カーエアコンの臭いの
対処法などを紹介していきます。

カーエアコンの臭いの対処法

“これからどうしても
出かけなくてはいけないのに、
この臭い、どうしよう…”
という場合、応急処置としては、

1.エアコンのスイッチを切る
2.暖房運転で一番強い強風にする
3.そのまま臭いが無くなるまで待つ

という方法です。

これでエアコン内部のカビの根を絶やして、
水分を蒸発させるのです。

早いと1分~2分で改善するようです。
時間があるならば、
出かける前に5分~10分ほど
そのまま放置すれば良いでしょう。

しかし、これでは
改善にはなりません…(*´Д`)

この場合が続くようでしたら
エバポレータの洗浄が一番効果的でしょう。

◆走行距離が長いクルマはチェックしたいエバポレーター

定期的に手軽に交換できるフィルターの一方、
難敵なのがエバポレーターです。

室内に送る空気を冷やす金属製のパーツで、
冷却時に水滴が付着する構造のため
長年の使用で汚れやカビの付着が避けられません。

例えば走行距離が10万kmを超え、
エバポレーターが汚れてしまったクルマは、
いくらフィルターを綺麗にしても
カビの臭いを完全には除去できないのです(>_<)

このエバポレーターで悩ましいのが、
これまでは
「スプレー式洗浄剤を吹きかける」
「取り外して洗浄」の
主に2つしか洗浄手段がなかったことです。

スプレー洗浄は、
施工できるショップも多く安価です、
が、汚れを完全に落とすことが難しい…

一方、
取り外しての洗浄は
クルマの分解作業を
伴うためハードルが高く、
作業料も10万円~といった金額に…。

ショップによっては分解作業を受けておらず、
エアコンの臭いを相談しても
「エバポレーター」という言葉すら耳にしない
可能性もあります。

そんな
エバポレーターの洗浄において、
最近新たなサービスが注目を
集めています(*^^)v

それが、
独自の機材を用いて清掃作業を行っている
エバポレーター洗浄サービス
「愛車のエアコン掃除屋さん」です。

分解作業を要しないため30,000円~と
比較的安価ながら、
エバポレーターに直接薬剤を
噴霧して汚れを浮かせてから
高圧洗浄機で洗浄することで、
スプレー式に比べて高い洗浄効果を発揮。

これまで
なかなか手がつけづらかった
エバポレーターだけに、
走行距離が長いクルマのオーナーはもちろん、
高級中古車店からも需要が高まっているようです

今回は「レクサスNX」の
エアコン異臭を改善施工していただきました
IMG_20200921_1358521

line_109848949980071

line_109849622910436 line_109849391928040

img-aircon_before_after

20189918825

びっくりです!!
2時間の作業でしたが、
悩まされていた異臭、
解決しました(*^^)v

料金形態は↓

一般国産自動車 車のエアコンクリーニング
カーエアコンクリーニング 25,000円
車内除菌・防カビ 10,000円
セット価格 30,000円
一般輸入自動車 車のエアコンクリーニング
カーエアコンクリーニング 30,000円
車内除菌・防カビ 10,000円
セット価格 35,000円

エアコンクリーニング
ご相談承ります!!

(株)小郡車輌
TEL:0942-73-0555